共同生活援助(グループホーム) 青松園


みんなでステップアップ!!
青松園とは

障害福祉サービスの中の一つである共同生活援助事業であり、一般的にはグループホームと呼ばれるサービスになります。
青松園では、障がいをお持ちの方々が共同で生活を営んでおり、それぞれのペースで自分らしい生活を過ごされています。青松園では、ひとり暮らし等、次のステップへの移行を目的とし、皆様にご入居頂いています。入居中に生活能力を身につけて頂き、概ね2~3年での移行を目途に生活を送って頂いています。

対象者

原則18歳以上~65歳以下で精神障がいをお持ちの方。

利用料
家賃 1,200円/日
共益費+消耗品費+光熱水費 200円/日
食費(夕食) 300円/1食
1ヶ月で… 約51,000円
※上記の他に共同生活援助事業の利用料が別途発生します。詳しくは担当者までお問い合わせ下さい。
収入状況によっては利用料の免除や市町村からの家賃補助等の利用もできます。
対応可能時間
月・火・木・金 10:00~17:00
土(第1・3・5) 11:00~18:00
日(第2・4)
取り組み
  • 食事の提供
    月~土まで夕食のみ提供しています。
  • 生活上に関する支援の提供
    制度上の手続きや日常生活上での困りごとなどに対してスタッフがお手伝いします。
  • 余暇活動の提供
    お花見やクリスマス会と言った季節に応じたイベント等を企画しています。