共同生活援助(グループホーム) わたぼうし


安心して帰ってこれる場所
わたぼうしとは

障害福祉サービスの中の一つである共同生活援助事業であり、一般的にはグループホームと呼ばれるサービスになります。
障がいをお持ちの方々が共同生活を営み、自分らしい生活を送ることを目的とした場所です。2LDKのアパートの一室に二名で入居していただき(個室もあり)、ご自身にあったペースですごして頂いています。月曜から土曜日に関しては世話人さんが手作りの夕食を作って下さっています。
入居されている皆様にとって安心して帰ってこれる場所になればいいなと思います。

対象者

原則18歳以上~65歳以下で精神障がいをお持ちの方。

利用料
家賃 35,000円/月
共益費+消耗品費+光熱水費 20,500円/月
食費(夕食) 500円/1食
1ヶ月で… 約68,000円
※大阪府の事業で家賃補助制度あり(各市町村へ申請)1ヶ月10,000円まで。上記金額から10,000円引いたものが、本人支払い額となります。ただし、世帯収入によっては申請しても補助が出ない方もいます。

※世帯収入等により市町村が定める、利用者負担上限月額の負担あり。

対応可能時間
月・火・木・金 10:00~17:00
土(第1・3・5) 11:00~18:00
日(第2・4)
取り組み
  • 生活上に関する相談・支援の提供
    例)掃除・洗濯の方法や書類の確認等
  • 余暇活動の提供
    お花見、忘年会等の季節のイベント・食事会など